便秘薬、漢方、排便効果のあるお茶を飲んではいけない

便秘に困っているけれど、薬を飲みたくないという声があります。
外出時に急に腹部に激痛が走ったり、トイレに駆け込んだり、薬の効果が効くのは良いのですが、逆に困ったことになりかねないからです。
お茶は、薬ではないから緩やかに効くだろうと思いがちです。
ですが、お茶の中でも強い効果があるものも少なくありません。
植物由来の漢方薬は、植物に含まれる便秘に効果的な成分が含まれるため、お茶よりも効果がある場合があります。

便秘を解消するには、いくつか方法があります。
腸の運動を促す排便効果、腸内の良い細菌類を増やし、腸内環境を良くする効果、胃腸の働きを分泌物のバランスを整えることにより調節する効果などです。
薬や漢方、お茶を飲んで、急に腹痛に襲われたり、便意がきたという場合は、腸の動きが急激に活発になったために起こります。これは、あまり自然なことではありませんので、無理に腸が動き、腹痛が起こったりしてしまうのです。

腸を急に動かし、排便を促す成分の含まれた便秘薬などは、腹痛などの副作用に加え、逆に腸の動きが悪くなってしまうこともあります。つまり、そういったものを飲まないと腸が動かなくなってしまい、自力排便が難しくなってしまいます。腸内環境も悪くなってしまいます。

水分をたくさん摂り、腸内の環境を良くし、胃腸の働きを整えて便を緩くするというのが、自然なお通じへとつながっていきます。
そのような効果がある便秘薬や漢方、お茶もあります。

関連サイト