年収400万で3000万の借り入れは可能?フラット35の借入限度額は?

通常、住宅ローンの借入可能額は、大雑把に年収の5~7倍程度といわれています。単純に考えると、年収400万円の人なら2000万円から2800万円までは住宅ローンの借り入れが可能ということになりますが、3000万円以上を借りることはできないのでしょうか、詳細はどのようになっているのでしょうか。正確に言うと、住宅ローンの借り入れ限度額は、各金融機関によって計算方法が異なります。例えば、フラット35などのように35年後まで返済額が変わるリスクが小さい場合には、年収400万円でも3000万円以上借り入れできる可能性もあります。
借り入れ限度額を決める方法の一つに返済負担率があります。これは、例えば年収400万円の場合ですと返済負担率が35%で400万円×35%=140万円までは年間で住宅ローンの返済に回してもよい金額となります。フラット35の場合で、年収400万円以上であれば返済負担率は35%、400万円以下だと返済負担率は30%となります。これに、各金融機関の審査金利をあてはめて限度額をきまるのですが、フラット35の場合には審査金利が住宅ローンと同じ低い金利となっています。
これらを当てはめてみると、フラット35を利用すれば、年収400万円、審査金利1.6%で計算すると3750万円までとなり、3000万円を超える金額も借り入れ可能ということになります。つまり、年収が400万円以上の場合には、フラット35の場合には非常に有利になり、3000万円以上の借り入れることができる可能性も十分あるということです。